PhnomPenh Holiday

日本語入力できません このネット屋
Hageshiku mendou nanode, mata kondo.

というわけで、以下次の日編集。

土曜の夜は、プノンペンの大型ディスコ「SPARK」へ。

ここは、不良外国人や売春婦のたまる下世話なナイトスポットではなく、カンボジアの若者のための健全な最先端遊び場です。大きなホールとステージを備え、正面の天井近くに派手にDJブース。入り口の警備もなかなか厳重。

数年前、できたばかりの頃は、音楽もいまいちでカンボジアの若者も恥ずかしがってステージががらんとしていたのですが、もうすっかり定着してるみたい。

洋物からはじまって、懐かしのタイテクノへ。いやーいいねーやっぱり2002~2003くらいのタイ物は。ステージショーをはさんで今度はレゲトン。カンボジアでも流行っているのか、ガソリーナを2回もまわしていました。
ちなみに、エントランスフィーは無料、ドリンク$2くらい~。

そして日曜の夜は、バイタクの友人が出席する結婚披露宴に便乗。スタイルこそクメールですが、親戚関係者がテーブルを周ってビールを注いで注がれ、おい注いで周ってばかりいないでお前も飲め、グラスもってこ~い、そら一気だ、酔っ払ってくると事あるごとに「かんぱ~い」の連続。こんな風景はどこに行っても変わらないものなんですね。

いい料理をたらふく食って帰ってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。