来る មក の発音についての考察

確実にមកはマオ。

●チュオンナート辞書 1938
注記なし
特殊な発音の語には必ず អ្នក​ (នាក់)、ហេតុ​ (ហែត) とあるので、それがないということは発音はスペルそのまま。そして、現代クメール標準語の全てがこのチュオンナートなので、 មកの正しい発音は「モーク」であることはまず確定

●カンボジア語入門 和泉模久先生 1988
mao

●カンボジア語実用会話集 1993
maok マォク

●旅の指さし会話帳カンボジア 2001
マオ
ただし巻末の単語集では
モーク(マオ)

●CDエクスプレスカンボジア語 上田広美先生 2002
mɔ̀ːk

●lonely planet 1992
mouk

●Modern Cambodian-English Dictionary [Robert K. Headley] 1997
mɔɔk, mao
ネットでの情報だとそうらしいのだが、Headley辞書の実物が手元にないので未確認。英語の辞書も持っておいた方がいいよなあ。

មកがもっとわからなくなる危険物を投下

មកマオの字と発音が一致しない問題について、隣のカンボジア人を問い詰めてみたら「言うな」との回答。クメール語わけわかんねーよなって結論かと思ったら、違った。おまえらだって「いう」って書かせて「ゆー」って言うじゃないか、ってことだった。ぎゃふん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。