ポイペト越え

朝8時にバッタンバンの実家を出る。
元ポルポト兵なおじさんの車でタクシーたまり場まで送ってもらう。
「いますぐ出るよ」っていうポイペト行きのタクシーを捕まえて乗り込んだが、
そこから一時間客待ち。
9時過ぎ出発、
11時前にポイペト到着。

ポイペトでは伯父の家へあいさつへ。
伯父にランクルで国境まで送ってもらう。
この時点で12時。

着いてびっくり、いつもはがらがらなカンボジア人イミグレブースに、
同じTシャツを着たカンボジア人団体100人くらい。
外国人窓口はすいてるので私は大丈夫だが、
私だけ越えても嫁さんがどんだけ待たされるかわからないので、
まずはタイバーツの両替とかしとくか実はポイペトのほうがレートいいし、
とかうろうろしてたら、
シェムリアップからのツアー客バス到着、一気に外国人窓口に長蛇の列。

結局2人でカンボジア出国できたの午後1時。
もちろんタイのイミグレも激混みで、タイの入国が午後2時。

イミグレのおばさんになぜかいろいろ質問された。
「プーパーサータイダイマイ?」タイ語話せるかって聞かれて、
「まいだいかっぷ」話せませんってタイ語で答えたのがうけたみたい。
なんでカンボジアに長く居るんだとか、プノンペンに住んでるのかとか、
クメール語は話せるのかとか、仕事してるのかとか。
こんなのはじめて。

さて、無事国境も越えて、バンコクまでどうやって行くか考えながら歩いてたら、
カオサン行きミニバスの客引きに声かけられた。
いつも流れに任せる精神なので、これで決定。
カオサン、ヴィクトリーモニュメント、プラトゥーナム、バンナー、
のどこで降りても250バーツというので、
宿泊予定地に便がよさそうなヴィクトリーモニュメントで降ろしてもらうことに。
今回はカオサンには寄らない。
「10分後にすぐ出るよ」って言われたのに、やっぱり一時間。
3時すぎに出発。

夜7時前にやっとバンコク到着。

過去の国境越えの中でも1、2を争う疲れ具合。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。