Green Bangkok Wifi

期間限定でバンコクの15,000もあるtrueのwifiポイントが
無料で使えるサービス。
バンコク都が政策としてやってる。
ネットでやりとりしちゃえば、交通機関使わなくていいし
エコじゃね、ってことらしい。
セントラルワールドとかサイアムセンターとかそういう各所の
インフォメーションでシリアルの書いてあるカードを配ってる。
そのカードをもらえば無料で無線ネットできるらしい。
ただし枚数限定。

というのを聞いたのがこの夏のこと。
まだ限定カードが残ってるかおそるおそる行ってみた。

まずサイアム。「もうないです」とのつれない答え。
次はパラゴン。「もう9月で終わりましたよ」だって。
カードがなくなったのか、サービス自体が終了したのか
わからなかったが、お姉さんは「スタバでカード買ってね」
と教えてくれた。それは知ってるけど高いのよスタバのwifi。

めげずにセントラルワールド。
Green Bangkok Wifi カードってまだありますか?
とおそるおそる聞いたら、言い終わる前にカウンターの下から
小さいカードを出してくれた。
外国人はパスポートとか必要なのかと思ってたら、
何もなくあっさりとゲット。セキュリティ上どうなのか。

すぐにmyloで電波チェックして接続テスト。
trueのアカウントとパスワード入力するページがでる。
しかしカードに書いてあるのはシリアル番号とPIN。
あれーどうなってんのと思いながら、ログインページの下に
ある Green Bangkok Wifi のリンクをクリックしてみた。
404。
ありゃーなんだ、本当にサービス終了しちゃったのか。

ネットカフェに行って再度情報を確認。
やっぱりあのリンク先からシリアルとか入力してアカウント
登録するらしいけど。ページが無いんじゃどうしようもない。
あきらめずにtrueのサイトを確認。
Green Bangkok Wifi のことが書いてあるページを見ると、
タイ語でわからないけど、登録できそうなフォームを発見。
でも、アカウントとパスワード設定とかメールアドレスや
IDナンバーの欄はあっても、もらったカードの情報を
入力するところがない。
ま、とりあえずアカウント作成っと。

またmyloで電波探して、さっき作ったアカウントで入ってみた。
おおー!繋がる。
サイト閲覧もSkypeも自由自在だ。
これでバンコク滞在の幅が広がるなー。
ネットカフェに籠らなくても、電波の届くカフェでも見つければ、
優雅に仕事できるもの。

しかし、せっかくもらったカードは何にも使ってない。
確かにカード配布方式は、無駄だし不便だしあまりいい方法だとは
おもわん。
それに気付いてカード無くても大丈夫なようにしたんだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。