知るを楽しむ

TBSの1秒の世界のダメっぷりはとっとと忘れるとして、NHKはやっぱりすごいわけ。

月曜日にやった「知るを楽しむ」
上智大学学長石澤良昭氏のアンコール遺跡・残された歴史のメッセージ。
神番組を超えて鬼番組です。
放送以来毎日2回ずつ見直してる。

さすが本物な方が関わるものは違うね。細かいとこのこだわりが違う。
ありがちな「ポルポト派がアンコールワットを壊しました~」で済ましちゃうところをきちんと事実を説明してくれてるし、内戦自体の説明でも“米中ソ対立の代理戦争である”ことをさりげなく含めてるし、観ていて気持ちがいい。
加えて貴重映像のオンパレード。

あと7回、毎週月曜日3月いっぱい続くようなので、見逃さないようにしないと。
次週は、どこの家の庭にも必ずあるネアックターの祠がどのようにアンコールワットやバイヨンに繋がっていくか、の話からだ。これだけでわくわく。

というわけで今日、テキスト本も買ってきてしまいました。
ヤフオク&Amazonどっぷりなので、本屋で本を買うなんて何年ぶり。
このテキスト本がまた素晴らしい。
あと3冊ぐらい買ってもいい。
カンボジア関連の本はだいぶ読んだつもりなのに、知らない話や興味深い図表がごろごろ書いてあるし。
そっかーアンコールワットって一時期密林の奥に忘れ去られていたんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。